night and sundial

じゃわじゃわ日記 -the 5th defection-

TrySail Live Tour 2019 “The TrySail Odyssey” @幕張イベントホール 2/24

TrySailのライヴに、初めて行ってきました。2年前のSME MUSIC THEATERで、TrySailは見たことはありましたが、このライヴに行くことになったのは、どちらかというともののはずみで…。──もともと、ミューレの新人アイドル声優ユニットとして名前は知っていて、…

顔真卿展 @東京国立博物館 2/16

書を楽しむ素養があるとはまったく言えないぼくだけれど、行ってきた。中国語圏から観覧者が押し寄せていると聞く。少しでも空いている可能性のあるとき、と、春節の時期を少し外したつもりの土曜日の夜間開館を狙って、夕方から出かけて、19時半頃に上野に…

2/10(日)多治見市モザイクタイルミュージアム

岐阜県現代陶芸美術館から、1時間あまり、Googleマップに導かれながら歩いた。谷を下り、丘を登り、日なたを歩いていると汗をかいてくる。 坂を登り… 関西名物、飛び出し小僧…の変種? 集落の中の一方通行の道だが、なんとバス路線が通っている。旧道なのだ…

2/10(日)多治見市美濃焼ミュージアム、岐阜県現代陶芸美術館

翌朝10時過ぎに名古屋駅に戻ってきた。 大名古屋ビルヂングと、名駅の“針”。この“針”、なくなっちゃうんですって? これがないと名駅で自分の居場所が把握できないから困るんですが(?) ホテルの朝食をスルーしてしまったので、ホームできしめんをずるずる…

Minori Chihara Live Tour 2019 ~SPIRAL~ @一宮市民会館 2/9

茅原実里さん、愛知県一宮市の市民会館での公演です。名古屋も昨今はコンサート会場不足らしく、この一宮市民会館は最近プロモータが目をつけたのか、東名阪ツアーの名古屋会場として頻繁に目にする名前になりましたね。 会場に行く前に観光しようかとも思っ…

「粋な古伊万里」@八王子市夢美術館 1/20

甲州街道沿いの再開発ビルに入居している、こぢんまりした美術館。八王子で時間が余ったので立ち寄ってみた。──というか、1月に八王子に行く用事があるからそのときに行こう、と思っていたのに、この日になるまでそのことを忘れていた。思い出してよかった。…

Minori Chihara Live Tour 2019 ~SPIRAL~ @オリンパスホール八王子1/20

赤いボディスーツに強化メイク(?)のアーティスト写真が印象的な、茅原実里さんの新譜『SPIRAL』。東名阪ツアーが始まりました。──ツアー初日の会場は、八王子のオリンパスホール。ぼくは久しぶりに来ましたが、駅の南口に直結した再開発ビルの4階にあるコ…

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUS III- @さいたまスーパーアリーナ1/19

水樹奈々さんのオーケストラライヴ“LIVE GRACE”、6年ぶり3回目です。会場は前回と同じさいたまスーパーアリーナ、日程も土・日の2daysでした。ぼくは土曜日のみ参戦。もはやあまり細かく情報を集めてなかったのですが、行ってみたところ、スタジアムモードだ…

1/14(月)東京国立博物館、『即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻』@東京国際フォーラム

東京国立博物館に行ってきた。やはり新しい年の美術館めぐりはここから始めたい。 お正月の東京国博と言えば、やはりこれだよね。 等伯の松林図屏風。障壁画の下書きだったのではないかという説がある、という解説文がかけられていたけれど、これまでそんな…

『やがて君になる』テレビアニメーション全話完走。

昨年の10月からは、『やがて君になる』を見ていた。よい物語だったし、テレビアニメにならなかったら自分はまず触れることのなかったコンテンツでありジャンルだったと思うので、制作陣には感謝したい。──ぼくは毎クール、アニメの放映情報などはちょいちょ…

12/31(月)寒川神社

大晦日、相模国一之宮である、寒川神社に行ってみることにした。──小田急に乗って、まず厚木駅というところで降りる。重量級の高架橋で横切る小田急線の下に、こぢんまりとしたJR相模線のホームがある。 厚木駅は、小田急の管理駅のようで、小田急の自動券売…

走行データログ

2018年の走行距離は539.65kmでした。前年よりは上回ったけれど、もうすこし走りたいですね…記録してるだけじゃなくて、そろそろ目標管理していくのもありかも?年月日区間走行時間hh:mm走行距離km平均時速km/h積算距離km 2018/01/01町田市内0:296.6813.57778…

平成30年のまとめ。

新年あけました。昨年は、仕事の面では、順調に進んだな…と思っていたら終盤になって胸のふさがる事態になり、新しい年はさらに自分にとって試練の年になることがすでに見えている、という、展望の明るくない年明けです。──ですが、一年間元気に過ごせたこと…

新居昭乃 LIVE 2018 “Electric Sheep”@ヒューリックホール東京 12/30

年末恒例の、新居昭乃さんのライヴ。今年はかなり押し詰まった30日、会場は、ヒューリックホール東京という耳慣れないホールです。有楽町マリオンの上にあるということで、もともと日劇だったところですね(というか日劇がなくなっていたことも知りませんで…

フィリップス・コレクション展 @三菱一号館美術館 12/30

この日は、神保町で野暮用を済ませてから、三田線で日比谷へ。早めに行かなければ、と思っていたこの展示、年末押し詰まった日になってしまったが、それほど混雑していなかったので、ひと安心した。三菱一号館は狭いので人が多いと大変なことになるんだよね……

「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」@ Bunkamuraザ・ミュージアム 12/24

モスクワからクラムスコイの『忘れえぬ女(見知らぬ女)』が来日しています…って、2009年にも同じような展示がありました。会場も同じ、渋谷のBunkamuraだった。企画が一周したのかな…。とは言え、空間の広がりを感じられる、よい絵が多かったです。描かれた…

「田根剛 未来の記憶」@東京オペラシティアートギャラリー 12/15

建築家の田根剛氏の個展に行ってみた。まず、大画面でエストニアの国立博物館が紹介されている。ソ連時代の軍用飛行場があった土地に、滑走路を残してその先に最先端の現代建築を建てた、というもの…。 雪に閉ざされる冬景色に、暖かい光をもたらす博物館。…

12/9(日)泉屋博古館分館

泉屋博古館(せんおくはくこかん)というのは、京都にある住友グループの美術館だと思っていたが、東京にも分館があると最近知った。■泉屋博古館分館(東京) 千代田線の赤坂駅から歩いて六本木に出て、アークヒルズの横の坂を登って行った。小規模な美術館…

12/4(火)東京国立博物館

平成館では、『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』と、『マルセル・デュシャンと日本美術』をダブルヘッダーで開催中。 大報恩寺とは、いわゆる“千本釈迦堂”のこと。鎌倉時代の十大弟子像が、そろってお出ましになっている。快慶は、どちらかと言うと都ぶ…

ムンク展 @東京都美術館 12/4

『叫び』が来日ということでとにかく大混雑必至のこの展示、平日に行けるタイミングをずっと狙っていたが、火曜日の午後に上野に現れることができて、行列なしで入れた。場内はやはり混んでいたけれど、もうこのくらいの混雑は仕方ないかな、と思う程度であ…

東山魁夷展 @国立新美術館 12/3

月曜日、会期の最終日に、駆け込みで見に行った。大した混雑だったが、思いのほか好みであった。特に、北欧の風景や、ヨーロッパの街角を描いた絵など、風景の切り取り方が、とてもよい。──有名な、御射鹿池の絵(『緑響く』)も来ていた。むせ返るような夏…

IDS! EVENT 2018“STAND UP!”@ Zepp DiverCity Tokyo 12/2

坂本真綾さんのファンクラブイヴェント、今年はスタンディングのライヴです。台場のZepp DiverCity Tokyoへ出かけました。もはや整理番号とか特に気にせず、開演10分前くらいに入場。適当な位置に立ちました。 坂本さん、スタンディングのライヴは13年ぶりと…

NHK交響楽団定期公演(第1897回/Cプログラム)@ NHKホール 11/10

アリス・紗良・オットさんを見に、久しぶりのN響定期へ出かけた。ラヴェルのピアノ協奏曲、生で聴いたのは学生時代以来ではなかろうか。二楽章のどんよりしたところ、「灰色ワルツ」というフレーズが思い浮かぶ。とてもいい。オーケストラとの受け渡しに、指…

「ロシア絵画の至宝展」@東京富士美術館 10/24

八王子の東京富士美術館に行った。 ぬめるような透明な波濤(アイヴァゾフスキー『第三の波』)は、絵の前に立つと圧倒される。光の美しい絵が多い。荒っぽい大地に沈む夕日、草原にかかる夕虹、かがり火に照らされる女性、森の中の陽だまり…。■東京富士美術…

M-Smile Presents HALLOWEEN PARTY 2018 ~EMMA~ @山野ホール 10/20

茅原実里さんのファンクラブイヴェント、なんと今回はお芝居。代々木にある山野美容専門学校のホールが会場でした。激しい雨が降り出す中、入場。今回から電子チケットが採用されていて、スマートフォンの画面に電子スタンプを押されるということになってい…

矢部の廃線跡

自転車で、米軍の相模総合補給廠と防衛省の官舎の間の道を走っていたところ…、 県営上矢部団地と道路の間に、線路があるのを見つけた。国鉄横浜線から米軍相模総合補給廠に続いていた引込線の跡である。昔の地図に、米軍基地内に線路が描かれていたことは覚…

10/18(木)鶯歌散歩、帰国

最後の日は、陶器の街として知られる鶯歌で買い物でもしようと思って、松山から9時56分発の台鉄の區間車(普通列車)に乗って行った。30分余りかかる。途中、樹林の車両基地に太魯閣号や普悠瑪号がいるのが見えた。──松山駅でも普悠瑪号が発車していく場面を…

10/17(水)夜の鹿港老街

高鐵嘉義車站のホームからの眺め。平原だなあ 高鐵嘉義車站から北行の列車に乗り込んだのは15時32分。意外に遅くなってしまった。 26分で台中に着いた。──鹿港に行ってみようと思ったのだけど、高鐵台中車站から鹿港に直行するバスの乗り場を見つけられず、…

10/17(水)嘉義へ、故宮博物院南部院区

近年、台湾南部の嘉義に故宮博物院の分館ができたと聞いていたので、高鐵に乗って出かけることにした。 台北車站、高鐵の自動券売機。 台湾高鐡(高速鉄道)に乗るのは初めてだ。台北車站は在来線と並んだ地下ホームで、比較的狭い。だがこの狭さが、日本の…

10/16(火)まだまだ國立故宮博物院

玉器にも見惚れる。 唐朝の玉の簪ですって! * 七宝。これなんか指先くらいの大きさしかないんですよ * これは民国時代の「碧玉屏風」。汪精衛が昭和天皇に贈り、日本の敗戦後に返還された、という説明が、中国語と英語で書いてある。いわゆる“汪兆銘政権”と…