night and sundial

じゃわじゃわ日記 -the 5th defection-

9/29(火)無鄰菴

岡崎の疏水の船溜まりの近くに、山縣有朋の邸宅、『無鄰菴』がある。ここ、昔から存在は知っていたものの、これまではそれほど興味を持たなかったのけれど、東山の別荘地の面影を残すというこの邸宅の庭園、一度見てみたいな、と思っていた。ここも事前予約…

「杉本博司 瑠璃の浄土」@京都市京セラ美術館 9/29

一乗寺駅から叡山電車に乗って… 出町柳まで戻り、京阪に乗り換えて神宮丸太町駅から疏水沿いを歩いて、岡崎の京都市京セラ美術館へ。 京都市美術館が“京都市京セラ美術館”としてリニューアルしたのは今年の3月だった。正直言って、なんて語呂の悪いネーミン…

9/29(火)詩仙堂、圓光寺

この日はまず地下鉄で北山駅へ、そこから一乗寺の方向へ歩いて行った。白川通りを渡って、住宅街に分け入っていく。 まず詩仙堂。 庭は斜面に作られていて、視界には広さは感じられない。しかし、都の灯を遠ざけて(だけれども遠すぎない)隠棲の住まいとし…

9/28(月)けいはんな記念公園

木津の駅前は小綺麗なロータリーになっていて、ちょっと殺風景な新興住宅地という感じだ。そこに、小さな車体のバスがやってきて、老人が数人乗り込む。バスは1時間に1本、これも木津川市のコミュニティバスである。駅自体はかなり古くからあるはずだし、人…

9/28(月)恭仁京跡

コミュニティバスで加茂駅前に戻って、駅の反対側からまた奈良交通バスに乗った。木津川を大きな橋で渡って、五分ほどで降りて少し歩いた。 見に来たのはここ。 ごみ置き場の後ろが、恭仁京の跡(山城国分寺跡)。 礎石はたしかに大きい。恭仁京が、都として…

9/28(月)石仏の道をたどって浄瑠璃寺へ

ここから浄瑠璃寺まで歩くつもりでいた。岩船寺から浄瑠璃寺までは車道がつながっていて、先ほどの路線バスでも行けるが、山道を歩いても1時間程度のようで、途中には古い石仏が点在しているらしい。そういうのどかなところを歩いてみたい。しかも都合がいい…

9/28(月)岩船寺

翌日は月曜日。9時半頃にホテルを出た。四条烏丸あたりは京都の都心で、勤め人がたくさん歩いている。地下鉄に乗って南へ向かう。地下鉄が地上に出て、終点の竹田に着くと、そこは近鉄京都線と共用の駅で、向かいのホームに近鉄の電車が入ってくる。ちょうど…

9/27(日)大河内山荘庭園、祇王寺

天龍寺はせっかくだからお堂にも上がろうと思っていたが、なんとなく北門まで歩いてきてしまった。ここから出ると、竹林の道である。 観光シーズンには通勤ラッシュのようになりかねないこの道だが、この日もそれなりに人はいたけれどまだなんとか歩ける程度…

9/27(日)宝厳院、天龍寺

仁和寺の二王門を出た。食事をしようと思ったが、嵐電の駅前のお店には「テイクアウトだけです」と断られた。なるほど旅行はしにくい、と思いながら、嵐電に乗って、帷子ノ辻で乗り換え、嵐山へ。 嵐山はいつ来てもちょっと異常なほどの混雑だ。ここだけどう…

9/27(日)青紅葉の京都へ。仁和寺

旅行ができなくなって半年経った。どこにも出かけない夏が過ぎて、いいかげんに、むずむずしてきた。そろそろどこかに出かけたい。東京都以外ではGoToキャンペーンだなどと言い始めていたが、9月に入った頃はまだ需要が戻っているわけでもなかったようで、新…

読書&査収音源リスト(2020年7月~9月)

▼彼女の知らない空(小学館文庫)/早瀬耕 ▼ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー/ブレイディみかこ ▼プロジェクトぴあの 上・下(ハヤカワ文庫JA)/山本弘 登場するキャラクタの性格描写などはラノベっぽいんだけど、作中で操られる疑似理論はまさ…

9/4(金)アーティゾン美術館

平日の昼過ぎに、東京駅に現れた。八重洲口のアーティゾン美術館へ向かう。日時指定制チケットは、14時からのを購入。 ■アーティゾン美術館 昔のブリヂストン美術館が新装開店した、真新しい美術館である。平日の午後に、まるっきりサラリーマンの恰好で美術…

ロンドン・ナショナルギャラリー展 @国立西洋美術館 8/28

今年の前半に中止になったり延期になったりしたイヴェントを、取り返しているような流れになっている、今日この頃である。実に約半年ぶりに、上野の美術館に足を運んだ。これも日時指定制チケットが必要ということになっている。■国立西洋美術館>ロンドン・…

東京国立近代美術館の新版画 8/22

東京国立近代美術館、ピーター・ドイグ展のあと、コレクション展も一巡した。明治以後のいわゆる“新版画”がまとまって展示されていた。 鮮やかな色合いで、目を見張る。これはすごい。小原古邨(祥邨)という名前を初めて知った。花鳥画を中心に活躍した絵師…

「ピーター・ドイグ展」@東京国立近代美術館 8/22

東西線の竹橋駅から歩いて、東京国立近代美術館へ。 夏の盛り、お濠の一面に水草が覆っていた。 ■東京国立近代美術館>ピーター・ドイグ展 ピーター・ドイグとはスコットランドの現代画家で、カリブ海のトリニダード島で暮らしたこともあるそうだ。強い光に…

「幻想の銀河 山本 基×土屋仁応」@ザ・ギンザ スペース 8/22

銀座のアートスペースでの展示。銀座五丁目の地下室に下りる。 土屋仁応という人の名前は、以前に東京都美術館で見た、なめらかな架空の動物の木彫像が印象に残っていた。一方、山本基は、塩でドローイングやインスタレーションを作っているアーティストだそ…

ヨコハマトリエンナーレ2020 @横浜美術館、プロット48 8/16

3年に一度のこのアートイヴェント、今年も開催された。だが、横浜美術館への入場は日時指定制チケットということになって、だけどそういうのって苦手なんだよね…。なんとなく見ていると、土日の日中の時間指定チケットは、前日までには、ほぼ捌けているよう…

8/10(月)大倉山、小机散歩

新型コロナウイルスの感染者数は増え続けていて、三連休でも、遠出をする気分にはならない。だが酷暑の中、自室に引きこもっているのは耐えがたい。こういう場合はせめて、近くで行ったことのないところを歩いてみよう、と思い立って、東横線の大倉山で下り…

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」@東京都現代美術館 7/26

新型コロナウイルス感染症の流行に伴って、3月以降、美術展はいったん全面休止のような状況になっていた。6月に入って徐々に再開していたけれど、なかなかそういう場所に出かけるような気分にならず…。だが、3月から予定されいていたオラファー・エリアソン…

8/1(土)「SUMMER CHAMPION 2020 ~Minori Chihara 12th Summer Live~」ストリーミング配信

毎年開催されていた茅原実里さんの河口湖ライヴ、12年目の今年は、無観客開催&有料のインターネット配信になりました。コロナ禍…。ぼくも、8月第1週の土・日のどちらも河口湖に出かけていないのは、12年ぶりのことです。現地で体験できないものをライヴイヴ…

7/19(日)北鎌倉散歩(2)

鎌倉の寺院は、どこも山を背負って、森に囲まれているようだ。──また少し歩くと、浄智寺がある。 鐘楼が門のような構えになっているのは、珍しいように思う。──本堂の曇華殿には、釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の“三世仏坐像”がまつられている。現在・過去…

7/19(日)北鎌倉散歩(1)

横須賀線の北鎌倉駅で下りた。線路沿いには円覚寺につながる林が見えるが、少し反対方向に歩く。県道(鎌倉街道)は歩道もなくて危なく、歩きにくい。 住宅地の坂道に入ると、光照寺というお寺がある。 山門にはクルス紋という不思議な紋所がある。江戸時代…

読書&査収音源リスト(2020年4月~6月)

自粛期間だというので本を買い込んだりしたけれど、結局、そういう非常時には、たいして本など読めないのだった。順不同だが、ほとんどは6月になってから読んでいたものである。▼皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上・下(新潮文庫)/塩野七生 ▼相模湾上陸作戦…

6/21(日)金沢八景から鎌倉へ

京浜急行で金沢八景にやって来た。──あれ、こんな駅だったっけ? シーサイドラインの駅が京急の駅に近づく工事が終わったようで、もっと狭かった記憶のある京急の駅前が、きれいに整備されていた。 だが、海が切れ込んだ地形は変わらない。琵琶島神社という…

庭のつくばいにソーラー水中ポンプを導入

自粛生活の日々、日数にして3割ほど在宅勤務になったり、週末もどこにも出かけられない。──いきおい、自室を掃除したりし始めたが、ふと、庭にあるつくばいとかけひに目が向いた。 庭には、小さなつくばい石に、竹のかけひがしつらえてある。下に水道管がつ…

コロナ事変の日々

▼ぼくが最後に店頭でマスクを見たのは、1月の末のことだ。それ以来、3月の旅行中に偶然見かけた5枚パックのマスクを除いて、一度も見ていない。▼最初にニュースに登り始めたのは1月の上旬だっただろうか。中国の武漢が閉鎖されたのは1月23日だった。大陸の真…

読書&査収音源リスト(2020年1月~3月)

▼三体/劉慈欣、立原透耶(監修)、大森望、光吉さくら、ワン・チャイ(訳) ▼十二国記 白銀の墟 玄の月 (1)~(4)(新潮文庫)/小野不由美 ▽農ガール、農ライフ/垣谷美雨 ▽横浜駅SF/柞刈湯葉 ▼戦争は女の顔をしていない (1)/小梅けいと、スヴェトラーナ…

3/22(日)鎌倉・瑞泉寺

新型コロナウイルス感染症の流行で、外出の自粛が言われているが、他人と接触しなければよいだろう、と鎌倉に出かけた。横須賀線の鎌倉駅で降りると、それなりに人は多くて、外出自粛ってほどでもないなあ、と思う。太刀洗行きの京急バスに乗ったが、道路は…

東京・春・音楽祭2020「ピアノの時間 ― 三浦友理枝」@上野学園 石橋メモリアルホール 3/20

新型コロナウイルス感染症の流行で、すでにいくつものコンサートやライヴ、演劇などが中止になったり、公共の文化施設が休館になったりしていたが、2月下旬からイタリアを皮切りにして欧州の状況がどんどん悪くなっていた。『東京・春・音楽祭2020』は、3月1…

3/19(木)伏見散歩

京阪の駅前まで戻って休憩。このあと、中書島で京阪電車を降りて、伏見の街を散歩。 水路が宇治川に出るところに閘門が設けられていて、その周りが伏見港公園という公園になっている。 水路沿いを歩く。“宇治川派流”だそうだ 寺田屋も拝観休止中だった。残念…