night and sundial

じゃわじゃわ日記 -the 5th defection-

9/4(金)アーティゾン美術館

 平日の昼過ぎに、東京駅に現れた。八重洲口のアーティゾン美術館へ向かう。日時指定制チケットは、14時からのを購入。

f:id:jawa_jawa:20200913224515j:plain
アーティゾン美術館

 昔のブリヂストン美術館が新装開店した、真新しい美術館である。平日の午後に、まるっきりサラリーマンの恰好で美術館の入口に歩み入ったら、警備員に、美術館に来たのか?と問われた。「そうですけど」と答えたが、オフィス棟と間違えてないか確認されたということらしい。

f:id:jawa_jawa:20200913224250j:plain
 上層階では、『鴻池朋子 ちゅうがえり』、『第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展 Cosmo- Eggs| 宇宙の卵』をやっていて、とくに鴻池朋子の方はかなりわけがわからない空間になっていて面白かったけど、割愛。

*

 旧ブリヂストン美術館石橋財団のコレクションは、一つ一つが重量級で、見ごたえがある。

f:id:jawa_jawa:20200913225138j:plain
お久しぶりの、あの、亡霊のような男。カイユボットの絵

f:id:jawa_jawa:20200913224404j:plain
印象派の女性画家の作品が特集されていた。

f:id:jawa_jawa:20200913224357j:plain
ベルト・モリゾのこの絵、なんだか好き。なんなら、この日ここで見た絵の中で、一番好きかも。この二人、必ずしも母娘には見えず、適度に冷たい感情が見えるような気がするところがよい。

f:id:jawa_jawa:20200913224410j:plain

f:id:jawa_jawa:20200913224433j:plain
モネの睡蓮の池と、そして、黄昏のヴェネツィア。色の移り変わりがエキセントリックなほど激しいのに、優しくて美しい。

f:id:jawa_jawa:20200913224500j:plain
ピサロの絵なのだけど。望遠レンズのようだ、と思った

f:id:jawa_jawa:20200913224445j:plain
コローの描く森、好き

f:id:jawa_jawa:20200913232145j:plain
ルノワールの描く風景って、これまであまり記憶に残っていなかったかも。切り取り方は観光地のスナップ写真のようではあるけれど、この光を見てみたい、と思った。

f:id:jawa_jawa:20200913232139j:plain
セザンヌのサント・ヴィクトワール山。正直、うまいのかどうかよくわからないのだけど、やたらこの山を描く人だという印象はあるよね

f:id:jawa_jawa:20200913224329j:plain

f:id:jawa_jawa:20200913224336j:plain
円山応挙ブリヂストンって日本美術も持ってたんだ。

f:id:jawa_jawa:20200913224323j:plain

f:id:jawa_jawa:20200913224315j:plain
有田の磁器。状態のいいのを持ってるなあ。

*

 パウル・クレーの特集展示をやっていた。──うーん、正直、よくわからない。だけどいくつか、妙に気になる絵がある。

f:id:jawa_jawa:20200913224417j:plain
『庭園の家』

f:id:jawa_jawa:20200913224423j:plain
『水の中の家』。

 自分を取り巻く小さな世界が穏やかならんことを願う気持ち、のようなものを感じた。──騒がしい印象の絵もあるんだけどね。

*

 2時間弱の間、堪能して、おなかいっぱいになった。もっと手軽に来たい美術館だ。

ロンドン・ナショナルギャラリー展 @国立西洋美術館 8/28

 今年の前半に中止になったり延期になったりしたイヴェントを、取り返しているような流れになっている、今日この頃である。実に約半年ぶりに、上野の美術館に足を運んだ。これも日時指定制チケットが必要ということになっている。

f:id:jawa_jawa:20200913215201j:plain

国立西洋美術館ロンドン・ナショナルギャラリー展

 この展覧会のスマートフォンチケットは、イープラスのアプリのインストールが必須になっており、余計な手間がかかった。新型コロナ以後、日時指定制が盛んに導入されていることもあって、美術展示の分野でも電子チケット化が進んでいるが、特定のプレイガイドのアプリが必須というのは、悪手ではないかなあ。

*

 ものすごく正統派な展示で、イタリア・ルネサンス、17世紀のオランダ絵画、…といった区分で進んでいく。

 フランス・ハルスの、『扇を持つ女性』。レースの微細な描き方に見入る。
Frans Hals - Portrait of a Woman Holding a Fan - WGA11135
(via Wikimedia Commons)

 ワウウェルマンの『鹿狩り』(1665年)。遠近がごちゃまぜなので違和感が…
Philips Wouwerman - A Stag Hunt (c.1665)
(via Wikimedia Commons)

*

 スペイン絵画のコーナー。

 フランシスコ・デ・スルバラン『アンティオキアの聖マルガリータ』。べた塗りの感じはどことなくアニメっぽさがある。
Francisco de Zurbarán 047
(via Wikimedia Commons)

El Greco 016
(via Wikimedia Commons)
 躍動感! エル・グレコって1600年頃の画家なのだけど、同時代の画家とはタッチが明らかに異なるのがすごいよね。

*

 やっぱりよかったのは最後のフランス近代絵画のコーナーかな。

Claude Monet, The Water-Liliy Pond (National Gallery, London)
(via Wikimedia Commons)
 モネの睡蓮。もう、なんと言うのだろう…絶品。うっとりしてしまうね。この人の描くこの池にしかない空気が、立ち上がっている。

 ゴッホの『ひまわり』が最大の目玉作品だ。

Vincent van Gogh - Sunflowers (1888, National Gallery London)
(via Wikimedia Commons)

 ゴッホのひまわりは、全部で7枚が知られていて、1枚は神戸の空襲で焼けてしまって現存しないそうだが、ぼくは2014年にロンドンのナショナル・ギャラリーに行ったときに、そこ所蔵の1枚と、アムステルダムの1枚がちょうどロンドンに来ていて、2枚並んで見られたという、運のよい機会があった。そして新宿の損保ジャパンが持っているもう1枚をあわせて、3枚見たことがあることになる。──しかし、アムステルダムと損保ジャパンの2枚は、ロンドンのこのひまわりのセルフコピーなのだそうだ。たしかに同じ花瓶の同じ様子の花を描いた絵に見えるが、わりと印象が同じではないのはなぜだろうか。損保ジャパンの方は、絵の具がもっと盛られていて、立体的な迫力が強かったような記憶があるが、どうだったっけ? あちらも新しい美術館がオープンしたから、近いうちに行ってみなくちゃいけないなあ。

*

 国立西洋美術館、常設展も一巡した。

f:id:jawa_jawa:20200913215126j:plain
f:id:jawa_jawa:20200913215132j:plain
中世の人は、そんなにしょっちゅう、石で人を殴り殺してたんですかね…

f:id:jawa_jawa:20200913215139j:plain
アレキサンドリアの聖カタリナ』

f:id:jawa_jawa:20200913215146j:plain
ダンテ・ガブリエル・ロセッティの、たくましい腕の女性

f:id:jawa_jawa:20200913215151j:plain
モーリス・ドニ『ロスマバモン』。強い光と影の感じが好き。

東京国立近代美術館の新版画 8/22

 東京国立近代美術館、ピーター・ドイグ展のあと、コレクション展も一巡した。明治以後のいわゆる“新版画”がまとまって展示されていた。

f:id:jawa_jawa:20200830024725j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023838j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023844j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023853j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023849j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023859j:plain
 鮮やかな色合いで、目を見張る。これはすごい。小原古邨(祥邨)という名前を初めて知った。花鳥画を中心に活躍した絵師だそうだ。

f:id:jawa_jawa:20200830023912j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830023905j:plain
 笠松紫浪、そして川瀬巴水。グラデーションがきれい。明治から戦前の、こういう美しいものが、ちゃんと残っているのだなあ。

「ピーター・ドイグ展」@東京国立近代美術館 8/22

 東西線竹橋駅から歩いて、東京国立近代美術館へ。

f:id:jawa_jawa:20200830025310j:plain
 夏の盛り、お濠の一面に水草が覆っていた。

f:id:jawa_jawa:20200830021541j:plain
東京国立近代美術館ピーター・ドイグ展

 ピーター・ドイグとはスコットランドの現代画家で、カリブ海トリニダード島で暮らしたこともあるそうだ。強い光に焼かれたような乖離感が印象に残った。

f:id:jawa_jawa:20200830021614j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021608j:plain
 乾いた空気と、まぶしい光

f:id:jawa_jawa:20200830021554j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021546j:plain
 人ならざるものが現れる…?

f:id:jawa_jawa:20200830021601j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021619j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021638j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830022050j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021624j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830021631j:plain
 乖離感が極まって、人間がついに透明(?)に…。

「幻想の銀河 山本 基×土屋仁応」@ザ・ギンザ スペース 8/22

 銀座のアートスペースでの展示。銀座五丁目の地下室に下りる。

f:id:jawa_jawa:20200830015703j:plain
 土屋仁応という人の名前は、以前に東京都美術館で見た、なめらかな架空の動物の木彫像が印象に残っていた。一方、山本基は、塩でドローイングやインスタレーションを作っているアーティストだそうだ。

f:id:jawa_jawa:20200830014818j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830014833j:plain
厳しい寒さの土地を連想させる。そこに、かよわい生き物たちが…

f:id:jawa_jawa:20200830014825j:plain
これが塩で描かれているのだそうだ…

f:id:jawa_jawa:20200830014841j:plain
地下室にこんな虚空が広がっていることに、どきどきしてしまう。

f:id:jawa_jawa:20200830014812j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830020124j:plain
それにしても、この人の木彫は本当にすごい。架空の生き物が、妖しく、美しい。

ヨコハマトリエンナーレ2020 @横浜美術館、プロット48 8/16

 3年に一度のこのアートイヴェント、今年も開催された。だが、横浜美術館への入場は日時指定制チケットということになって、だけどそういうのって苦手なんだよね…。なんとなく見ていると、土日の日中の時間指定チケットは、前日までには、ほぼ捌けているようだ。休日の予定なんて特に立てずに、思い立った時に出かける、というやり方でぼくはずっと暮らしていたのだけれど、そういうのが通用しない時代になってきた。──だが、日曜日の朝8時半頃に、ふと思い立って見てみたところ、当日の昼12時半の時間指定チケットに空きがあったので、行くことにした。

ヨコハマトリエンナーレ2020

f:id:jawa_jawa:20200830010434j:plain
横浜美術館が何かに包まれている。SFアニメに出てくる光学迷彩を連想した。──工事中かとも思った(笑)

f:id:jawa_jawa:20200830010441j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830010455j:plain
 正面の巨大空間いっぱいに、ニック・ケイヴ『回転する森』。モビールがくるくると回っていてとてもきれい、だけど、中にはピストルの形をしたものも混じっている。──きらきらした、かわいげな世界に、暴力が隠されている。

*

 ちょっとぐっと来てしまったのが、この、エリアス・シメという人の作品。

f:id:jawa_jawa:20200830010447j:plain
これ、ぱっと見で何かわかる人は少ないかも。PCのキーボードですね

f:id:jawa_jawa:20200830011019j:plain
うわ…

f:id:jawa_jawa:20200830010534j:plain
この一面の壁は…

f:id:jawa_jawa:20200830010526j:plain
撚りあわされた電線。

 この人はエチオピアの人で、世界を覆っていくテクノロジーの残滓で、こういう作品を作っているらしい。

*

f:id:jawa_jawa:20200830010506j:plain
 横浜美術館の展示で一番「ヤバいな」と思ったのはこれだったかも…

f:id:jawa_jawa:20200830010539j:plain
 触っていいようですが、触るなら消毒液で手を…ということになっていた。

f:id:jawa_jawa:20200830010459j:plain
 地獄だ、と思ったのはこの部屋。母親や大人が子供を叱る台詞が、延々と流れているのだ。

f:id:jawa_jawa:20200830010512j:plain

f:id:jawa_jawa:20200830010518j:plain
 キム・ユンチョルの『クロマ』は、毎時30分から15分間、点灯するそうだ。光っていないとただの金属のうねうねした塊なのだけれど、光り出すととても美しい。無数のポリマーが虹のような色に光る。一つ一つの部品は機械的に微細な動きをして、表面の色も変化していく。

*

 横浜美術館の裏口から出て、炎天下を高島町の方向に歩き、“プロット48”という会場(アンパンマンミュージアムの跡地だそうだ)にも行ったけれど、…こっちはちょっと、やりたい放題感が強かったかな。ボコ・ハラムの襲撃から立ち直って学校生活を送るナイジェリアの女の子たちの映像が、印象に残った。──見て回りながら午後いっぱいを過ごし、新装開店のようになった根岸線桜木町駅の中華レストランで軽く食事をしてから、帰宅。新しい出口ができたり、ホテルメッツが建ったりして、桜木町駅、いつの間にかちょっと変わったのだね。

*

 今回のヨコハマトリエンナーレ、思ったのは、映像作品が多すぎるということ。かなり長時間のものが多く、全部見ることはそもそも想定されていないみたいだし、別に全部見てやろうなどとはこちらも思っていないのだけれど、これはもはや映像インスタレーションというよりもしっかりしたストーリーのある映像作品ではないのか、ここで“展示”することが最適なのかどうか…と思うものが多かった。この日ぼくが、おそらくかなり大部分を見てものすごく強い印象を持ったのは、パク・チャンキョン『遅れてきた菩薩』、あと…名前を忘れてしまったがもう1作品だった。映像作品は、何らかの方法でインターネット上で展示するような方法をとらないのかな。チケットを購入して来場した人は一定の期間見られる、というような方式は可能だと思うんだけど。

8/10(月)大倉山、小机散歩

 新型コロナウイルスの感染者数は増え続けていて、三連休でも、遠出をする気分にはならない。だが酷暑の中、自室に引きこもっているのは耐えがたい。こういう場合はせめて、近くで行ったことのないところを歩いてみよう、と思い立って、東横線の大倉山で下りて、駅のホームを見下ろす急な坂道を登って行った。

f:id:jawa_jawa:20200823213934j:plain
 汗をかきながら高台まで上がると、公園の木立の向こうに、あやしげな館が見えてくる。

f:id:jawa_jawa:20200823213853j:plain
 大倉山記念館。数々の映画やドラマのロケ地として使われている、クラシックな建築だ。存在はかなり前から知っていたし、この近辺はそれこそ高校時代から行動範囲だったはずなのに、これまで一度も実際に見たことがなかった。

f:id:jawa_jawa:20200823213940j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823213946j:plain
 大倉山記念館とは、大倉邦彦という戦前の実業家がつくった「大倉精神文化研究所」という組織の建物で、昭和7年(1932年)の竣工。そもそも、もとは太尾という地名だったところに、東横線五島慶太東京横浜電鉄)の駅名が「大倉山」になったのも、先にこれがあったからなのだそうだ。──パンフレットを見ると、「各分野の一流の研究者を集めて、学術研究を進めるとともに、精神文化に関する国内外の図書を収集して附属図書館も開設しました。」ということで、何を考えて何を研究していた人なのか、まったく判然としない。穏健でお金持ちな北一輝、といったところなのだろうか?

f:id:jawa_jawa:20200823213847j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823213841j:plain
 内装も、直線が多用されている。パンフレットによると「プレ・ヘレニック様式」だというが、なんだその様式、という気がする。実際、これを設計した長野宇平治という建築家がそう呼んでいたというだけの様式の名前らしく、つまり世界に唯一の建築様式ということだ。広く言えば新古典主義建築だろうが、戦間期風の厳めしさがあり、とっつきにくい感じを受ける。

 この日はちょうど映画『1999年の夏休み』の上映会の看板が出ていて、まったく知らずに訪れたのでたいそう驚いた。まさにこの映画の舞台であるこの建物で上映するなんてうらやましい!と思ったが、さすがに飛び入りでは見られないようだった。──地下にも会議室がいくつかあって市民に貸し出されているようで、弦楽のカルテットの演奏が聞こえてきた。

*

f:id:jawa_jawa:20200823213954j:plain
 裏手の斜面には、大倉山公園の梅林が広がっている。こんなところがあったんだ。

f:id:jawa_jawa:20200823214040j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823214005j:plain
 坂を下りると、龍松院という寺がある。

f:id:jawa_jawa:20200823214024j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823214031j:plain
 小机城主笠原某の開基になる寺院だそうで、江戸開府よりも古い歴史があることになる。

*

 小机城というのは、横浜線の小机の駅の近くで線路がトンネルをくぐるところ、その上の山にあった、戦国時代の山城だ。小田原の北条氏の支城で、鶴見川沿いの低地に突き出して見晴るかすような位置にある。毎日その下を電車でくぐっていながら、登ってみたことはない。大倉山から小机駅まで戻って、歩いてみた。

f:id:jawa_jawa:20200823213900j:plain
 雲松院。ここも、小机城主笠原越前守信為が開基した曹洞宗の寺院だそうだ。

f:id:jawa_jawa:20200823214047j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823213913j:plain
 城山に上ってみる。竹林が鬱蒼としているが、たしかに不自然に掘り下げられているのがありありとわかる、人為的に作られた空堀だ。

f:id:jawa_jawa:20200823213927j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823213920j:plain
 本丸跡。平らにはなっているけれど、大して広い土地ではない。戦国時代の「城」というものがいまいちよくわからないのだが、やはりこれは、そこに殿様が住んだり籠城したりするようなものではなく、駐屯地というか、警備派出所というか、戦になったとしても一時的に拠る砦のようなものなのだろう。

f:id:jawa_jawa:20200823213906j:plain
 小机駅の南側の、横浜上麻生道路。この、県道沿いの古びたアーケードの風情、個人的には「いかにも横浜」を感じる光景なのだが、これはあまり一般には理解されない感覚かもしれない。

「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」@東京都現代美術館 7/26

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴って、3月以降、美術展はいったん全面休止のような状況になっていた。6月に入って徐々に再開していたけれど、なかなかそういう場所に出かけるような気分にならず…。だが、3月から予定されいていたオラファー・エリアソンの展示には期待を持っていたし、自分としても、そろそろ動きたい、と思った。──半蔵門線清澄白河で下りて、東京都現代美術館へ。雨が降ったり止んだりのはっきりしない日だった。検温されて、消毒液を手にすり込んで入場。

東京都現代美術館>オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

 とはいえ、インスタレーションはわりと過去作品が中心で、これ見たことあるな、というものも多かった。きらきらした光がきれいで、若い人たちが競って写真を撮っている。

f:id:jawa_jawa:20200823203838j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823195533j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823195538j:plain

f:id:jawa_jawa:20200823195554j:plain
 ミスト。これ、ちょっと時代に合わないインスタレーションになってしまったかもしれない。2006年の原美術館の展示のときはくぐってみる人がけっこういた記憶があるけど、今回は、積極的にミストに触る人は少ないようだった。

 こういうインスタ映え的な受容のされ方をするもの以外にも、北欧の氷河がとけていく様子の写真とか、”サステナブル”、SDGs、といったことを念頭に置いた作品も。面白いのは、今回、ドイツから日本まで、ロシア経由の陸路で作品を送ったのだそうで、その間の振動でペン先が動くことで描かれた軌跡、なんていうものが作品になっていたりする。

f:id:jawa_jawa:20200823195544j:plain
 新作、『ときに川は橋となる』だそうだ。水面に反射した光がたゆたう。

f:id:jawa_jawa:20200823195549j:plain
 床に置かれた水盤がときどきギギッと動いて、水面が揺れるしかけ。だが、ほんのかすかな揺らぎが、光によって大きく映し出されるのが、ちょっと意外だ。これ、わりと日本的というか、つくばいとししおどしなんかに通じるものがある。暗い空間に立ってその様子を眺めていると、とても内省的になってくる。──“ときに川は橋となる”と訳されているタイトル、英題は"Sometimes the river is the bridge"だそうで、日本語訳が少し違うのではないか、と思ったりもする。花は花にして花にあらず、隔てるものと繋ぐものの間に、境界などそもそもあったのだろうか。

*

f:id:jawa_jawa:20200823205612j:plain
 この日は、東京都現代美術館のコレクション展も一巡して…、

 東西線木場駅まで散歩して、帰宅した。

f:id:jawa_jawa:20200823205620j:plain
 雨上がりの、びしょびしょでムシムシとした木場公園。今年は7月も末になってもまだ梅雨が明けないまま、湿気のきつい季節になっている。

8/1(土)「SUMMER CHAMPION 2020 ~Minori Chihara 12th Summer Live~」ストリーミング配信

 毎年開催されていた茅原実里さんの河口湖ライヴ、12年目の今年は、無観客開催&有料のインターネット配信になりました。コロナ禍…。ぼくも、8月第1週の土・日のどちらも河口湖に出かけていないのは、12年ぶりのことです。現地で体験できないものをライヴイヴェントと呼ぶのか?という点では複雑な思いですが、今これをやることが大変だったことはある程度理解できますし、有料配信しても興行的に厳しいことも容易に想像できます。その苦労を受け留めた消費者の一人として、エポックメイキングな配信ライヴだったと思います。──当日の18時、アイスワインを飲みながら自室で待機していました。

SUMMER CHAMPION 2020 ~Minori Chihara 12th Summer Live~

f:id:jawa_jawa:20200809224308j:plain

 河口湖駅からステラシアターまでの、通い慣れた船津の道を走って行く車載映像でスタート。10周年記念植樹のハナミズキも映して、いつものステラシアターに入場です。──空っぽの客席に向かってパフォーマンスする、みのりんとCMB。客席のコールは別のライヴのときのものを編集してSEで入れているという芸の細かさで、ヘッドフォン爆音で聴いていると、不思議な臨場感がありました。──カメラがアップに寄るときのみのりんの笑顔! でも、それと同時に、この空っぽの河口湖ステラシアターを、そこに向かって歌うみのりんの姿を、それを自室のPCのディスプレイで見ていたことを、絶対に忘れたくないと思いました。

 茅原さん、グッズのTシャツにブルーのロングスカート。髪形は真ん中分けで左右に編み込みが入ったスタイル。インスト明けでは2階客席に上がって、いつものライヴを彷彿とさせるパフォーマンスでした。ただ、やはり歌い込みが足りないのか、ピッチが上がりきらない…。後半、声が出てきたかなと思ったけど、まさかの『Paradise Lost』で歌詞を間違えるなど…。

 ラスト前のMCで、FLASH事件に触れていました。ぼくは個人的には、茅原さんが“悪いこと”をしたとは特に思っていなくて、──いろいろなことを考えたけれど、この人がとにかく素直なことを語ってくれる人だっていうことは、ファンの一人としてなんとなくわかっている気で、だからこそのこの人の甘さみたいなものも感じたのだけれど、でもそれって本質的には、他人がどうこう言うことではないでしょう。──ただ、「これから先、自分がどこに進んでいけばいいのか、答えが見えない」って彼女が言ったとき、それが一番、胸がつまりました。思えば、ぼくは以前からずっと、ぼくと同世代のこの女の子がこれからどうなっていくのだろう…、と思いながら、茅原さんを応援してきた気がします。本当に、よく再始動してくれました。もう歌えない曲もあるでしょう。でもそういうことも呑み込んでいくしかない。彼女が本気でぼくらの前に立ってくれるなら、これからも応援していくしかありません。

Freedom Dreamer
・Sunshine flower
Lush march!!
・(MC)
-キャラソンコーナー-
 ・過度の期待にご用心(南千秋キャラソン
 ・雪、無音、窓辺にて。長門有希キャラソン
・(MC)
-アコースティックコーナー-
 ・Plumeria
 ・夏色華日
 ・ステラステージ
・(MC)
・エイミー
境界の彼方
・instrumental (Theme of CMB)
・Tomorrow's chance
・声もなく始まる世界
・TERMINATED
Paradise Lost
・(MC)
・Sing for you
純白サンクチュアリィ
・purest note ~あたたかい音
・美歌爛漫ノ宴ニテ
・(打ち上げ花火)

7/19(日)北鎌倉散歩(2)

 鎌倉の寺院は、どこも山を背負って、森に囲まれているようだ。──また少し歩くと、浄智寺がある。

f:id:jawa_jawa:20200723221022j:plain

f:id:jawa_jawa:20200723221029j:plain
 鐘楼が門のような構えになっているのは、珍しいように思う。──本堂の曇華殿には、釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来の“三世仏坐像”がまつられている。現在・過去・未来をあらわしているそうだ。

f:id:jawa_jawa:20200723221033j:plain
 南北朝期のものだという観音菩薩

f:id:jawa_jawa:20200723221041j:plain
 鬱蒼とした庭を歩く。

f:id:jawa_jawa:20200723221047j:plain
 水音が響く。岩から水がしたたり落ちて、天然の手水のようになっていた。

*

f:id:jawa_jawa:20200723221053j:plain
 長寿寺。足利尊氏の墓があるという。──尊氏の墓と言えば京都の等持院にあって、今年の春に見たが、鎌倉のここにあるのは、尊氏の息子の鎌倉公方が、尊氏の遺髪をおさめたものだという。だが長寿寺は非公開の寺院で、見ることができない。

f:id:jawa_jawa:20200723221146j:plain
 少しだけのぞき込めた境内は、まことに見事な苔庭だった。

f:id:jawa_jawa:20200723221139j:plain
 長寿寺の横からの坂道は、亀ヶ谷坂切通しである。この峠道の、北側が山ノ内、南側が扇ガ谷という地名だ。

f:id:jawa_jawa:20200723221153j:plain
 古道そのままの道なりではないようだが、それでも結構な急勾配を下っていく。バイクなども通っていたが、雨の日なんかはちょっと怖いのではないだろうか。

f:id:jawa_jawa:20200723221159j:plain
 海蔵寺の桔梗。

*

f:id:jawa_jawa:20200723221206j:plain
 化粧坂を上っていった。ここは以前に歩いたことがある気がするけれど…

f:id:jawa_jawa:20200723221218j:plain

f:id:jawa_jawa:20200723221212j:plain
 源氏山公園にある源頼朝銅像。こんなのがあったんだ。

f:id:jawa_jawa:20200723221224j:plain
 この山の上が、葛原ヶ岡(くずはらがおか)と呼ばれるところだったそうだ。太平記日野俊基が処刑されたのがここで、江戸でいう小塚原のような、郊外の処刑場だったのかもしれない。その日野俊基の墓という、古い宝篋印塔がある。

f:id:jawa_jawa:20200723221231j:plain
 明治に建てられたという、葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)。 日野俊基という革命家がここの祭神なのだが、縁結びや開運や学問の神だそうだ。なんでもありのようだ。

f:id:jawa_jawa:20200723221239j:plain
 いわゆる“花手水”って、最近流行っているようだ。新型コロナウィルス感染症の対策で、手水を使わせないための仕掛けらしい。

*

 ここからは、大仏ハイキングコースを歩いていった。

f:id:jawa_jawa:20200723221252j:plain

f:id:jawa_jawa:20200723221259j:plain

 しかし、雨期のどろどろの山道に踏み込んで、気を付けてはいたのだが、下りで派手に滑って転び、服が泥だらけになってしまった。身体が一回転して腹ばいに転がるという派手な転び方をしたのでかなり焦った。ほうほうの体で、高徳院の大仏の近くの県道に下り立ち、なんとか街を歩ける程度まで服を洗った。

f:id:jawa_jawa:20200723221304j:plain

f:id:jawa_jawa:20200723221309j:plain
 そして国道134号。海岸の駐車場は、ほとんどが閉鎖されている。散歩やランニングの人はときおり通るが、適当に座ってのんびりするには悪くない。──稲村ケ崎を歩いて越えて、江ノ電小田急で帰宅。

f:id:jawa_jawa:20200723221314j:plain