night and sundial

じゃわじゃわ日記 -the 5th defection-

読書&査収音源リスト(2020年7月~9月)

▼彼女の知らない空(小学館文庫)/早瀬耕

▼ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー/ブレイディみかこ

▼プロジェクトぴあの 上・下(ハヤカワ文庫JA)/山本弘

 登場するキャラクタの性格描写などはラノベっぽいんだけど、作中で操られる疑似理論はまさにSF。とてもついていけない(笑)。しかし、ラストシーンで戦慄することになった。飛び越えた知性を持つ者の恐ろしさ、というか…。

▼猫を棄てる 父親について語るとき/村上春樹

▼寒い夜(岩波文庫)/巴金、立間祥介(訳)

「みんなに申し訳ない。おれは罰せられなければならない」

▼熱源/川越宗一

 直木賞受賞作。北海道に移住した樺太アイヌと、和人の息子と、ギリヤークの人々と、サハリンに流刑されたポーランド人の活動家と…題材はものすごく興味深いのに、語り口が全然深まらないのだ。大河ドラマの総集編だけを見ているような、するする話が進んでいってしまう感じ。

▼乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1~3)(Kindle版)/大西巷一

 フス戦争のボヘミアが舞台、というだけでかなり興味をひかれるんだけど、残虐シーンが多いので、読み進めるかどうかは…。そういえば、フス戦争って英仏百年戦争と同時代なんだなあ。

▽アイの物語/山本弘

 『プロジェクトぴあの』を読んだことで山本弘という作家のすごさを知り、もう1冊読んでみた。せつないSF短編集。『詩音が来た日』が、出色の名作だった。人間が不完全な知性であることを喝破し、でも同時にそのことを決して見捨てない。

▽キミのお金はどこに消えるのか/井上純一

 『中国嫁日記』で有名な漫画家さんの経済ネタシリーズ。面白いよね。特に、隣国では若者にさかんにカードをつくらせている→内需を広げて「国の形を変えようとしている最中」、という表現をしているのには感心した。

▼「中国」の形成 現代への展望 シリーズ 中国の歴史⑤(岩波新書)/岡本隆司

▼一人称単数/村上春樹

 短編集。読んでいて「あっ、これはやばい話だ」とカチッと気付く瞬間の、気持ち悪さが、無類であった。

▽アジア新聞屋台村/高野秀行

イスラム飲酒紀行/高野秀行

▼ふしぎの国のバード (7)/佐々大河

▼喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)/森博嗣

 何年ぶりかの再読。この小説を読み返すことは、もしかしたら、ぼくにとってひとつの“祈り”なのかもしれない。

感染症の世界史(角川ソフィア文庫)/石弘之

▽まずはこれ食べて/原田ひ香

 イイ話なのかな?と思ったら、まったくそうではなかった。

カエサル 内戦の時代を駆けぬけた政治家(岩波新書)/小池和子

 ちょっとやはり難しいな。古代ローマ、人の名前も難しいし、そもそも社会の成り立ちが想像の範囲を超えているので…

▼三体II 黒暗森林(上/下)(Kindle版)/劉慈欣、大森望・立原透耶・上原かおり・泊功(訳)

 ものすごいドライヴで一気に読んだ。もはや前巻とは全然違うスケールの話になってんじゃん!!

生命(じんせい)に時間を与えるより、時間に生命(いのち)を与えよ。
给时光以生命,而不是给生命以时光。
 ──苦心のルビだが、わかるようなわからないような…。この一節、パスカルの引用だという話もあるが定かではない。

「いや、艦長はきみだ。」
 この瞬間、もう東方延緒大佐のヴィジュアルはミスマル・ユリカでしたね、ぼくの中では(笑) ──ちなみに「大佐」と訳されているがどうやら原文では「大校」らしいので、大佐(上校)よりも上の上級大佐、西側の軍隊にはあまり見られない階級のようだ。宇宙艦隊だけど人民解放軍だもんね。

「司令官、自分が無神論者であることをいまはじめて残念に思っています。そうでなければ、いつかどこかでまた会えるという希望を抱けたのに」
章北海说:“首长,我第一次为无神论者感到一些遗憾,否则我们就可以怀着希望在某个时间某个地方最后相聚。”
 ちょっとぐっときちゃう常偉思少将。いいシーンでした。

「じゃあ、これからどうしたらいいでしょう。どうしたら彼女を忘れられますか?」
「不可能です。あなたは彼女を忘れられません。」
現実を逃れるもっともいい方法は、現実に深く関わることだと知っていたからである。

*

▼シングルコレクション+ アチコチ (初回限定版)/坂本真綾

▼アンチテーゼ(初回生産限定盤)/夏川椎菜